わらびのアクは灰で抜く。蕨の下処理

2019-08-11T00:45:18+09:002014年4月15日|Categories: 基本, 山菜の下処理, 旬の手しごと 春|Tags: , , |

春の山菜の代表的存在、蕨(わらび)。わらびは、山菜特有のアクとえぐみがあるためそのままでは食べることが出来ません。できるだけ採取後すぐにアク抜き処理しましょう。