新潟県の郷土料理でも親しまれている「車麩」は、バームクーヘンのように回転させながら生地を重ね焼いたもの。数層に繰り返し重ね焼いているので、しっかりとした食感が楽しめます。煮崩れもしにくいので煮物などをはじめアレンジも様々。出汁や油をしっかりと吸ってくれるので、一度油で揚げてから煮ると、よりうまみたっぷりでコクがある美味しい煮物になります。

材料

  • 車麩   3個
  • 有機たけのこ 100g
  • 有機にんじん 1本
  • 干し椎茸  3個
  • 椎茸戻し汁+水 600ml
  • 有機淡口醤油 大さじ3
  • 砂糖 大さじ2
  • 酒  大さじ2
  • みりん 大さじ1
  • 油  適量

道具

  • フライパン

作り方

1.車麩、干椎茸を適量の水に浸けて戻しておく。
※椎茸の戻し汁(200ml)は捨てずにとっておいてください。

2.たけのこは事前に下処理しておく。(シーズンでない場合は水煮を使用。)
にんじんは乱切りに、椎茸、たけのこを一口大に切る。

たけのこの下処理

3.鍋に椎茸の戻し汁1カップ程度と水2カップをあわせ、一口大に切った人参、竹の子、椎茸を入れて煮る。人参に軽く火がとおったら、砂糖、みりん、酒、しょうゆを加える。

4.戻した車麩の水気を軽くしぼり1/4程度に切る。多めの油を入れたフライパンで車麩を揚げ焼きにする。揚げたらペーパーなどで余分な油をきっておく。

5.鍋にあげた車麩を入れて、途中落し蓋をして弱火で煮含める。

6.火を止めて冷めるまでおいて味をしみ込ませる。

Styling / Photo / Recipe / Text : Aki Sato