掘りたての「生落花生」を茹でて食べるのは、晩夏の楽しみのひとつです。 これらは成熟する一歩手前、まだ未熟な落花生を早掘りしたもの!見た目は、一般的な煎り落花生と違いがわかりにくいので、うっかり見逃してしまうかもしれないですね。店頭に並ぶ期間もごく限られているため、食べ方をご存じない方も多いかもしれません。茹でたての生落花生は、病み付きになるフレッシュな美味しさですよ。今だけの味を堪能しましょう!

材料

  • 有機落花生(生)
  • 自然塩

道具

  • ざる

作り方

1.生落花生を殻つきのまま、洗って土などを落とす。鍋に水と塩、生落花生を入れて茹でる。
※水から茹でる。塩は水の3~5%程度。

2.沸騰してから30~40分くらい茹でた後、塩味がよく中の豆につくように、10分~20分程度そのまま茹で汁に浸けておく。味を見ながら適当なところで落花生をざるに引き上げる。

Styling / Photo / Recipe / Text : Aki Sato