ホーム2019-08-14T15:29:29+09:00

MENU|献立

毎日の食卓にオーガニックを。オーガニックが主役の美味しいレシピ

有機セロリのきんぴら

2019年6月5日|Tags: |

栄養豊富なセロリの葉、捨ててしまうのはもったいない!茎が濃いめの色をしたセロリは特に筋が多く固いことが多いですが、まるごとセロリのきんぴらにして、無駄なく美味しくいただきましょう。

有機セロリとひよこ豆のミネストローネ

2019年6月1日|Tags: , |

ミネストローネ(minestorne)といえば、トマト味のイメージ?独特の強い香りをもち好き嫌いの分かれるセロリを、ミネストローネの主役にしてみて!具だくさんにして鍋いっぱいに作り置きし、途中でトマト味に変化させても◎

加賀太きゅうりの梅肉和え

2019年5月30日|Tags: , |

石川県の伝統野菜のひとつ、加賀太胡瓜(かがふときゅうり)。じめじめとした梅雨の時期にもぴったりの梅肉あえは、さっぱりとした手軽な一品。そうめんのお供や、お酒のおつまみにも最適!夏バテしていて食欲がない時などにもおすすめ。

INGRIEDIENTS|食材別

食材から探す。毎日の献立作りをサポートするオーガニックレシピ

BASIC|基本

基本の調理方法や手順の工夫、下ごしらえ。食材の豆知識などをご紹介

有機大豆を蒸す。蒸し大豆

2018年1月25日|Tags: |

大豆に含まれる栄養成分が茹で汁に溶け出てしまう事を考えると、「蒸す」という調理方法の方が、ほくほくの食感と大豆の旨味をしっかり味わうことができます。

HANDWORK|手仕事

旬や季節を感じて楽しむ、手仕事のある暮らし。発酵食や保存食をご紹介

干し柿の作り方

2018年11月1日|Tags: |

工夫次第で都会でも干し柿づくりは可能ですよ。材料は渋柿、そしてつるす紐だけ!皮をむいて軒先に吊るせば美味しく出来上がります。

渋柿の渋ぬき。さわし柿の作り方

2018年10月25日|Tags: |

渋柿は渋抜きをする必要があります。渋抜きにはいくつかの方法がありますが、家庭で行うのに一番手軽なのは「アルコール脱渋」。醂す(さわす)ことで、美味しく食べられるように!

薄皮丸なすの浅漬け

2018年9月15日|Tags: , , |

山形県置賜(おきたま)地方の伝統野菜、薄皮丸茄子のお漬物は、夏のお茶請けやご飯の友として定番。小さく丸い茄子で一口サイズ。皮が薄くすぐに漬かり、パリッとした食感は浅漬けに最適!

FEATURE|特集

毎日の食卓が楽しくなる。日本の伝統行事やハレの日のオーガニックレシピ

COLUMN|コラム

日々のお料理や生活に役立つ豆知識。食の魅力をオーガニックな視点で

2019-08-17T12:24:41+09:00

アジアの辛味・胡椒

タイ料理は辛いけど、ドレモコレモ、目から汗が吹き出るわけではない。確かに南部料理やイーサン料理は辛いが、中央部の料理はあっけないほど穏やかだ。なんたって今から300年ほど前までは香辛料はチリではなく、胡椒が使われていたそうだ。

2019-08-21T07:17:20+09:00

春の七草とは

お正月明けの1月7日、“人日の節句”の朝に食べる「七草粥」。「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七草」少し聞きなれない名前もありますが、実はとても身近な野菜や野草です。