ホーム2019-08-14T15:29:29+09:00

MENU|献立

毎日の食卓にオーガニックを。オーガニックが主役の美味しいレシピ

有機鈴かぼちゃでつくる。サラダカボチャのラペ

2019年7月5日|Tags: , |

皮も種もまるごと生で食べられるのが特徴の「鈴かぼちゃ」なら、包丁で簡単に千切りすることもできちゃいますから、南瓜のラペにしてみてはいかがでしょう?簡単に作れて、栄養満点の鈴かぼちゃのラペ。鮮やかな黄色と皮のグリーンのコントラストも美しい!

有機鈴かぼちゃのきんぴら

2019年7月1日|Tags: , |

普通の南瓜は、加熱しないと食べられませんが、皮も種もまるごと生で食べられるのが特徴の「鈴かぼちゃ」。サラダやピクルスで食べることが推奨されていますが、きんぴらなどにもおすすめですよ!

有機紫玉ねぎのピクルス

2019年6月30日|Tags: |

紫玉ねぎ(赤玉ねぎ・レッドオニオン)の特徴的なこの色は、「アントシアニン」と呼ばれるポリフェノールの一種です。この色を最大限生かしたレシピが、ピクルスです。お酢の力で、きれいなピンク色になり、食卓が華やかに!

有機じゃがいものマヨなしポテトサラダ

2019年6月15日|Tags: , |

ポテトサラダは美味しいけれどやっぱり気になるのが、カロリーやコレステロール。メインのじゃがいもは野菜の中では高カロリー高糖質。マヨなしポテトサラダなら、カロリーも控えめでヘルシー。ベジタリアンの方にも!

INGRIEDIENTS|食材別

食材から探す。毎日の献立作りをサポートするオーガニックレシピ

有機胡瓜とワカメの酢の物

2018年8月15日|Tags: , |

夏の暑さなどで食欲がないときこそ、さっぱりとした酢の物の出番!定番はやっぱり、胡瓜とわかめの酢の物ですよね。しらす干しやミョウガ、ゴマなど、お好みの食材と合わせてアレンジを楽しんで!

BASIC|基本

基本の調理方法や手順の工夫、下ごしらえ。食材の豆知識などをご紹介

蓮の実の下処理

2019年2月20日|Tags: |

薬膳料理やアジアンスイーツに使われていることで知られる、蓮の実(蓮子)。豆のような見た目の蓮の実ではありますが、スイレン科の多年草、蓮(ハス)の種子です。蓮の花托(かたく)部分、蜂の巣のような穴に入っている種子が「蓮の実」なのです。

ウドの下処理、あく抜き

2018年3月10日|Tags: , , |

独特の爽やかな香りとシャキッとした歯ごたえが美味しい「ウド」。漢字では「独活」と書きます。旬のウドは「アク」をたくさん含んでいます。しっかり下処理して、春の味覚を楽しみましょう。

菜の花の茹で方

2018年3月5日|Tags: , |

独特のほろ苦さも魅力!春の訪れを告げる、菜の花。気温によってはすぐに黄色い花が咲き始めてしまうのもまた自然の摂理。多少蕾が開いてきても大丈夫!春を感じながら美味しくいただきましょう。

白花豆の白あん

2018年2月20日|Tags: , |

手作りの和菓子作りに欠かせない、餡子(あんこ)。自家製のあんぱん、手作りおはぎや大福などに「白あん」を使いたい方へ。ないのなら、乾燥豆を入手して一から手作りしちゃいましょう!

HANDWORK|手仕事

旬や季節を感じて楽しむ、手仕事のある暮らし。発酵食や保存食をご紹介

有機大根のべったら漬け

2019年3月20日|Tags: , |

ポリポリとした大根の歯ごたえと、甘さが美味しいべったら漬け。市販品の多くはべたべたとして甘さが強すぎたり、人工甘味料を使っているものも。甘酒を作る要領で麹床を作り、一から手作りも可能!自分好みの麹漬けにチャレンジしてみて。

国産有機レモンで作る「レモンカード」

2019年3月15日|Tags: , |

国産レモンもそろそろ終わり。店頭に並ぶレモンが国産から輸入に切り替わる前に、味わっておきたい「レモンカード」。レモンカードには、果汁だけでなくすりおろした皮の部分も使うので、安心して使える国産有機レモンを選んで!

紅玉リンゴのジャム

2018年11月10日|Tags: |

紅玉は加熱をしても煮崩れしにくいという特徴もあるので、アップルパイなどのスイーツやジャムにするのがおすすめです。皮ごと食べたいものだからこそ、できるだけ農薬不使用のりんごを選んで!

FEATURE|特集

毎日の食卓が楽しくなる。日本の伝統行事やハレの日のオーガニックレシピ

COLUMN|コラム

日々のお料理や生活に役立つ豆知識。食の魅力をオーガニックな視点で

2019-08-17T12:24:41+09:00

アジアの辛味・胡椒

タイ料理は辛いけど、ドレモコレモ、目から汗が吹き出るわけではない。確かに南部料理やイーサン料理は辛いが、中央部の料理はあっけないほど穏やかだ。なんたって今から300年ほど前までは香辛料はチリではなく、胡椒が使われていたそうだ。

2019-08-21T07:17:20+09:00

春の七草とは

お正月明けの1月7日、“人日の節句”の朝に食べる「七草粥」。「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七草」少し聞きなれない名前もありますが、実はとても身近な野菜や野草です。